ウッドバーニングでハンドメイド小物 ハロウィンの壁掛けを作ろう

ウッドバーニングで始める簡単ハンドメイド

こんにちは、ペイントマルシェスタッフです。

みなさんはウッドバーニングをご存知ですか?

電熱ペンを使って木製雑貨に絵を描く、というもので、
インスタグラムでも#ウッドバーニングで検索をかけると
かわいいウッドバーニング小物がたくさん出てきます。

もちろん、絵を描くだけでもかわいいのですが、
色をつけたらもっとかわいい!

ということで、
今回はウッドバーニングとmizucolorを使って、
ハロウィンの壁飾りをつくりました。

カッティングボードで作るハロウィン壁飾り

◎ウッドバーニング小物作りに必要なもの

mizucolor(今回はマスタードイエロー、バーミリオンを使用)
・電熱ペン
・木製の小物(今回は無印良品で購入したカッティングボードを使用)
・飾り

◎ウッドバーニング小物作りの手順

① やすりで表面をととのえます

無印良品のカッティングボードはオイル塗装がされているので、
しっかりめに研磨をかけることをおすすめします。

②下絵を描いて、電熱ペンで焼いていきます。
DSC_1203

IMG_0483pic


③ mizucolorで色を塗ります
DSC_1215

mizucolor、大きいものを塗るときはペイントハケが便利ですが、
細かいものを塗るときは絵の具用の小筆を使うのもおすすめです。

④ 飾りをつけたら完成!
DSC_1378

今回はワイヤーで作った蜘蛛の巣と、秋の木の実たちを接着剤で。

蜘蛛の巣にはクリップを引っかけて、
To Doリストを留めて実用的に使うもよし、
ハロウィンの思い出として仮装した写真を飾るもよし。

ハロウィンが終わったら、 裏を使ってクリスマスver.の飾りを作るのも良いですね!

すぐに始められるウッドバーニング

馴染みがないようで、
実は100円ショップやホームセンターにも売っていて、
簡単にゲットすることができる電熱ペン。

mizucolor×ウッドバーニングで、今年は芸術の秋にしてみませんか?

DSC_1323

ウッドバーニングに色をつけたいなら、こちらの記事もおすすめです。
ウッドバーニングで作った万年カレンダーをアンティーク風に塗装しました