ウッドバーニングでハンドメイドの万年カレンダー

お馴染み東急ハンズのDIYコーナー。
今回は1辺30mmのサクラと100x50x15mmのブナを購入しました。
これで万年カレンダーを作っていきます。

◎必要なもの
・木材(今回は1辺30mmのキューブが3つ、100x50x15mmの板が2つを使用しました)
・電熱ペン
・mizucolor
・ペイントハケ33mm

今回使用したmizucolorは、モカブラウン、グレイッシュグリーン、フォレストグリーンです。

◎手順
① 3つの木製サイコロに、電熱ペンでそれぞれ数字や月名を入れていく。
1個目:0,1,2,3,4,5
2個目:6,7,8,0,1,2 (6は逆さにしたときに9に見える形にするのがポイント!)
3個目:月名を上下対称に2つずつ

ウッドバーニングで作る木製オリジナル万年カレンダー

今回はお気に入りのフォントを印刷した紙の裏を鉛筆で塗りつぶし、
キューブに重ねて上からボールペンでなぞり書きして下書きをしました。
もっと簡単に、塗装してから転写シートを使用したりシールを貼ったりしても。

② 塗装する

塗装したハンドメイド万年カレンダーの木材

mizucolorの鮮やかな色たちに囲まれるとあまり目立たないグレイッシュグリーンですが、
塗るだけでアンティークっぽい色みになる隠れたお役立ちカラー。
フォレストグリーンも初登場ですが、見るだけで気持ちが落ち着く深みのある緑が素敵です。

③ 完成!!

水性ステイン塗料mizucolorで塗装したハンドメイドの万年カレンダー

台と背板は接着しても良いですし、
しなくても、気分で台と背板を気分で変えられて良いかと思います。

今回は大人かっこよくを裏テーマに渋めの仕上がりになりましたが、
色の選び方で雰囲気は自由自在。
ぜひお部屋に合ったカレンダーを作ってみてくださいね。

あっという間に過ぎていく年月。
2019年からは万年カレンダーで1日1日を意識して過ごしてみませんか?
(めくるのが面倒くさくなったらインテリアとして記念日を飾っておくのもおすすめです)

さて、本年中のmizucolorブログの更新は今日が最後です。
1年間ご覧いただきありがとうございました。
来年も、ものづくりの楽しさ、塗装の楽しさをお伝えできればと思っております。
2019年もあたたかく見守っていただけると幸いです。
それでは皆様、良いお年をお迎えくださいませ。