塗装のコツはマスキング!無印良品の収納ボックスを簡単に塗り分け

 

塗装初心者が無印良品の収納ボックスを塗装します!

こんにちは!ペイントマルシェスタッフ、新入社員の高野です。

今回は、普段DIYを全くしないわたしがDIY気分を味わおうと
無印良品のMDF収納ボックスに塗装をしました。

Before

1

After

IMG_1560

つい最近習ったばかりの「マスキング」と呼ばれる塗り分け方法を使いたいがためのデザイン。

今回は、本体は高級感を出すための茶色(チョコブラウン)、
引き出しの表面は2018年のラッキーカラーだというピンク(コーラルピンク)を使用しました。

それでは塗り方をご紹介しますね!

マスキングで塗り分ける簡単塗装のやり方

◎マスキング塗装に必要なもの

・塗装するもの(今回は無印良品MDF小物収納3段を使用) 
・やすり150番(塗装前に表面を整えます)
・マスキングテープ 定規(今回は1つの面を1回塗りと2回塗りで分けました。)
・mizucolor、カップ、ハケ、新聞紙、ウエス(塗装の5大必需品!)

◎マスキング塗装の手順

①やすりで表面を整えます。
丁寧にやる場合は先に80番などの粗いもので汚れなどを落としてから
150番で目を細かくしてさらさらにするのがベター。
ただ、既製品の場合はそこまで気にせずに150番だけでも大丈夫です。

②1回目の塗装をします。
今回は引出し表面の半分を2回塗りにしたいので早く乾いてくれるよう木目に沿ってふき取りをしました。

1日あれば表面を触れるぐらいには乾燥するのですが
今回はこのあとマスキングテープを貼って塗装をするので 色落ちを防ぐために3日乾かします。

③マスキングをして2回目の塗装をします。

半分だけを2回塗りにしたいのでマスキングテープを貼って分けます。
とくに境界となる側はしっかりめに貼ります。爪でよくなぞってください。

マスキングテープのまわりを避けて塗って、ある程度塗れたら、
塗料を足さずに筆に残っている塗料で マスキングテープとの境目をすばやく塗ります。

4
塗り終わったらできるだけ早くマスキングテープをはがします。
このとき塗装した方向に向けてください。

5

④ マスキング塗装完了です!

IMG_1563

不器用でもマスキングで綺麗に塗装

不器用で、美術の成績が2だったわたしでもこんなに素敵な引き出しが作れました(塗っただけ)
コーラルピンクのあたたかさと、チョコブラウンのアンティーク感がお気に入りです。

実はこのmizucolor、新たに9色が仲間入りします!
今まではなかったあんな色やこんな色も。

5月30日(水)~6月1日(金)に
東京ビックサイトで行われるインテリアライフスタイルにてお披露目をするので
ぜひ遊びにきてくださいね。

インテリアライフスタイルについてはこちらから。

 

塗装初心者さんにはこちらの記事もおすすめです

塗装の準備について
動画で覚える塗装の6STEPS
小物塗装で身に着ける塗装の基礎